雑多なチラ裏

子宮筋腫の記録、日常の吐き出し先、文才と語彙力は皆無、ネタバレ有り

<子宮筋腫>入院4日目(手術後)

.....................................................

去年、子宮筋腫のため開腹手術をしました。

その当時書いていた備忘録をコピーして一部加筆修正しています。

......................................................

事前に聞いた話だと

手術が終わったら自然と目が覚める、

大体の人が手術台で目が覚めて移動する感じとのことだった。

 

しかし私の場合は効きすぎて起きたら病室のベッドだった!

 

そのうえ起きて意識があるのに、目が完全に開けられない。

意識も完全じゃなく絶え絶え。

 

みんなが私を起こそうとする声は聞こえるけど、

思い通りに目を開けられない。とても身体が重い。

意識と身体の動きがミスマッチしてる勝手の悪い感じ。

 

頭の中では声を出して話しているつもりなのに、

身体は動いてない様子。

 

だからみんなが起きねーなとか好き勝手言っているのは

丸聞こえなのに、ツッコめないもどかしい。

 

声を出そうとすると喉に引っかかる感じがあり、

うう”んっと喉を鳴らしていた。

 

ずっとそんな感じで消灯まで意識がぼんやりして寝ていた。

気づいたら周りが帰るって言っていたから・・・。

 

本来なら、この時点ですでに起きていて返事もしっかり出来るらしい。

実際に同じ病室の術後の人はしっかり話していた様子をみた。

 

わたしの場合は入院中ずっと不眠もあったため、

そのせいかも?と言われた。

 

しかし起きているのに動けないし、それを気づいてもらえないって

とっても怖い。寂しい。もどかしい。不思議。

 

 

わたしがぼんやりしている間に家族は切除した現物を

タッパーに入れられた状態で見た様子。

 

主人はグロ耐性がないので、

事前に心の準備をさせてほしかったと言っていたw

母親と妹は平気だったよう。女の方が強い。

 

 

そして重要な術中の病理検査。

悪性だと硬いことが多いらしいが、

それは中が灰色でぶよぶよしていたらしいから変性ぽい!

ってことで良性の様子。

 

確定ではないが、悪い気持ちで結果を待たなくても

よさそうなので本当に安心した。