雑多なチラ裏

子宮筋腫の記録、日常の吐き出し先、文才と語彙力は皆無、ネタバレ有り

<妊娠>初めての産科受診<6週>

6週目に入った頃、初めての産科受診。

産婦人科にピルを貰いになど婦人科として来たことはあったが、産科としては初めてである。

 

それに引越し先ではなかなか病院に行く機会がないので知らない土地を歩きドキドキした。

 

しょうがないとは思うが平日のお昼12時から1時間近く待たされた。

ようやく受診室へ案内された時はちょうど1時間であった。

 

またエコー見やすくするために御手洗は控えてと言われた。

 

まずは診察室1に通され医師の診察。

ちなみに問診の詳細を訊ねられた感じ。

 

私の場合子宮筋腫についてだった。

 

それから隣の診察室2に案内され経腹エコーだった。

ネットで初期は経膣エコーと聞いていたので少し驚きと大きな安心。

 

胎嚢とわずかな心拍を確認でき6週ぐらいだと言われた。

そこで出血があり心配だと言うと、さらに隣の内診室へ案内された。

 

結局内診あるんかいと思ったが、見てもらいやはり出血があるという。

 

流産しかけていると言われた。

世にいう切迫流産なのかは言われなかったが無理しないようにと言われた。

まだ今の状況では予定日も決められないのでまた来週来るようにとの事だった。

 

費用は7000円。

そこで母子手帳は10週で貰うことができ、それまでの検診は2700円だと言われた。

良心的や〜。

 

初めてのエコー写真をもらい、妊娠の喜びとそれをまさる流産という言葉のショックでなんとか無事帰路についた。

 

恐ろしく疲れてそのまま寝た。

旦那が帰ってきて起きたのが21時ごろ。

ここ最近は悪阻のようで何をして胸焼けと言うか胃のむかつきと言うかとにかく気分が悪いのだ。

 

特に空腹だと吐きそうで仕方がなく、少し遅いが外食に出掛けた。

が、ココ最近で1番気持ちが悪いっ!!!

 

とにかく嘔吐く。しかし吐けない。

吐けないつわりなのか?!

 

緊急用のビニール袋としっかり手を繋ぎながら浜勝へ。

 

別段食欲はあるのでしっかり平らげる。

 

食べたりお茶を飲んでる時は平気なのだ。

 

しかし食べ終えて満腹になろうが気分は良くならなかった。

 

帰りにヨーグルトなどを買おうとお店に寄ったが途中で車に戻らせてもらった。

どうしても我慢出来ないぐらい気持ち悪い。

吐きたい吐きたい吐きたいのに、吐けない。

 

結果帰ってから横になった今午前4時でも解消されず辛い思いをしている。

 

なんというか見えない誰かに首を絞められているような感覚がするのだ。

助けて以外浮かばないし、隣で気持ちよく寝てる旦那が恨めしい。