雑多なチラ裏

子宮筋腫の記録、日常の吐き出し先、文才と語彙力は皆無、ネタバレ有り

<子宮筋腫>MRI

......................................................

去年、子宮筋腫のため開腹手術をしました。

その当時書いていた備忘録をコピーして一部加筆修正しています。

......................................................

MRI受けてきました。

 

健康診断の時の病院へ。

 

田舎のくせに車の免許を持っていないためバスで行くしかなく通院に時間とお金がこれからかかることを考えると憂鬱。

 

片道1時間を乗り越え、人生で初めてのMRI

 

あらかじめ金属がついてる格好はダメということを調べてきたので、スポブラとかゴムのガウチョで来院。

 

結婚指輪も忘れずに外してきた(´;ω;`)

 

金属を身につけていないことを申告し、

検査服には着替えず私服のままで台へ!

 

病院服だったり、ノーブラとかいつもと違う格好をすると緊張してしまうと思うし、

軽装で私服の方が落ち着いて検査を受けれると思うのでオススメ。

 

靴を脱いで台に乗り、子宮なので腰あたりを固定され板みたいなのを置かれました。

 

腕は胸の上で組んで動かないようにと言われ、

気分が悪くなったりボタンを押してねとナースコールみたいなスイッチを持たされた。

 

想像ではすっぽりドームの中に閉じ込められると思ったのだが、実際は筒の中に入ってる感じ。

 

足と頭の上は余裕あり。

(私が背が小さいのもあるかも)

 

やはり正面、目の前はすぐMRIの中なので圧迫感はあるが目を瞑ればあまり気にならない。

 

気になったのは、風w

中は風が吹いていて目を開けていると乾燥するのなんの

顔もカピカピになりそうでそっちに気がいってしまう。

 

中に入るときにヘッドホンをつけられる。

中ではものすごい大きな音が2、30分するためのよう。

ヘッドホンからはトイレで流れていそうなつまらない綺麗な音楽が流れていた。

 

そしたらいよいよ検査スタート!

最初は警報のような「ガーガー」という音、

ヘッドホンしててもかなりうるさいので、ヘッドホンなかったら耳が痛いはず……

 

次にこれまた警報のような「ピピピビビ」と言った音に、FAXのような「ガガガ」と言った音。

 

時折上下に動いたりして撮る位置を変えていたようです。揺れるような振動のときもありました。

 

思ったより、閉所は平気だったw

ただじっとするのが非常に苦手なので、途中で腕を掻きむしってしまい

中断されて動いちゃダメと言われたのが恥ずかしいw

乾燥で痒くなる人は気をつけよう。

 

考え事やウトウトしながら無事終了!

 

結果は来週病院にて。

主人とも壮大な喧嘩をした結果、来てくれることになったので一緒に結果を聞くことに!

今回は6550円!高い!!

 

あとすっぽり入ってないのは腰だったからだと後から思った。

頭だったらすっぽり入りそう。